auひかりのスタートサポート申請書の提出方法

auひかり スタートサポート共通申請書 フォーマット 2019年10月以降 auひかり

ソフトバンク光からauひかりに乗り換えて2か月経ち、ソフトバンク光の最終月度の支払い金額が確定しました。

下の記事でも紹介したのですが、auひかりを申し込む時は、ソフトバンク光の解約可能な月度(=解除料が発生しない月度)でない月度の方がお得だということが分かったので、解約のタイミングを敢えて1か月分遅らせて解除料が発生するようにしています。

auひかりに乗り換える時は他社の解約違約金が発生する月に乗り換えないと損します
正直なところ、僕はソフトバンクの解約違約金が発生しないタイミングを狙って、auに乗り換えるつもりでしたが、ソフトバンクの解約違約金が発生した方が得だということ気づいたので、ソフトバンクの解約違約金が発生する月に解約しました。分かりやすくまとめると

このページでは、auひかりのスタートサポート申請書の提出方法について紹介します。

最初に結論をお伝えすると、NNコミュニケーションズから送付された「スタートサポート共通申請書」に、ソフトバンク光の「最終月度の明細書(=解除料が記載されている月度)」をプリントアウトして返送するだけの簡単な手続きです。

唯一の敵?は自分自身ですね。すでにauひかりが開通してから2か月程度経っていますので、キャッシュバックのことを忘れてしまうからです。

auスタートサポート申請書に添付する明細書をプリントアウトする方法

auひかりのスタートサポート申請をするためには、スタートサポート申請書と解約違約金が記載された他社請求明細等が必要です。

僕の場合はソフトバンク光の明細書ということになりますが、以下の情報が記載されている必要があります。

・住所・氏名

・請求された年月

・使っていたサービス名

・解約違約金(内訳・金額)

ソフトバンク光の場合は、MySoftBankに自分のIDでログイン後、以下の方法でPDF形式の明細書を入手することができます。

①上部タブの「料金確認」を選択
②〔請求明細印刷〕を選択
③印刷をされたい月の〔請求書PDFファイル〕を選択

僕の場合、この明細書がどこにあるかが分からずソフトバンクのチャットサポートのお世話になりました。

auひかり 新スタートサポートでもらえるキャッシュバック

キャッシュバックはソフトバンク光の解約違約金+25,000円(一律分)だけだと思っていたのですが、それ以外にもキャッシュバック対象となるものがあることを見つけました。

 

auひかりの新スタートサポートの注意事項をよく読むと、「工事費残債、他社モバイルデータ通信端末の割賦残債、番号ポータビリティ手数料、NTT加入電話工事費用も対象です。」と書かれています。

僕の場合は、ソフトバンク光を解約したタイミングで、開通工事費の残債と光電話開通工事費の残債が2か月分ありました。

ソフトバンク光開通工事費:2,160円

光電話開通工事費:135円

で2,295円が上記の金額に加算されます。

 

従って、今回の手続きで受け取るキャッシュバックは以下の通りとなります。

ソフトバンク光解除料:10,450円

一律キャッシュバック:25,000円

工事費等残債:2,295円

合計:37,745円

NNコミュニケーションズのキャッシュバックはいつもらえるか?
僕の体験では、auひかりが開通した翌月の24日に自分の預金口座に22,000円が振り込まれていました。「月末」よりも約1週間早いタイミングにもらえたので、少し得した気分です。銀行口座の摘要欄には「振込・振替 インターネットオモウシコミトクテン」と書かれて

上の記事で紹介したキャッシュバックと合わせると、

22,000円+37,745円=59,745円

となります。

≫≫auひかり申込サイト

あとは、So-netから25,000円のキャッシュバックを受け取れば、すべてのキャッシュバックの受け取りが完了となります。



コメント

タイトルとURLをコピーしました