iPhone7をUQモバイルで買うといくらかかるか?ファミゼロ学割の今がチャンス

iPhone

「10万円を超えるiPhoneX、iPhoneXS、iPhoneXRは高過ぎる!」

「だけどiPhone大好き」

「(わがままだけど)iPhoneは安く買いたい」

「できれば月々の料金も押さえたい」

というあなたにとって、格安SIM(格安スマホ)のUQモバイルでiPhone7を購入するのはベストチョイスです。

 

最初に結論をお伝えすると、月々4,082円でiPhone7をUQモバイルで使うことができます。

しかも、UQ家族割を使うと2回線目からは540円割引されます。

さらに、5歳以上18歳以下のお子さんがいらっしゃる家庭の場合、2019年5月31日まではファミゼロ学割が適用されて、基本料が最大3ヶ月(新中高生の場合は最大5ヶ月)無料となる特典があります。

UQモバイルでは毎年4月前後にお得なキャンペーンを実施しています。

UQモバイルを使い始めて約2年半の私が、iPhoneをUQモバイルで使いたい方向けの情報をお伝えします。



iPhone7本体の料金とUQモバイルの通信料金で月額いくらになるのか?

このページではUQモバイルで一番安い通信プランの「プランS(3GB/月)」で紹介していきます。

※金額はすべて「税込み」で表記しています。このページでは1,980円(イチキュッパ)という金額が出てきませんが、税込みですと2,138円となるからです。



iPhone7をUQモバイルで購入する場合の初期費用(初月度の料金)

SIMパッケージ料金¥3,240
おしゃべりプランS¥2,138
機種代金(iPhone7 32GB)¥3,348
マンスリー割-¥864
合計¥7,862

7,862円ですと、「格安SIMにした割には、あんまり安くないじゃん」という印象を持たれるかも知れませんが、これには理由があります。

初月度の料金が7,000円を超えるのは、初期費用に相当する3,240円が入っていることと、割賦でiPhone7を購入する関係で、初月だけiPhone7が540円高いことが影響しています。

あと、あなたが今まで契約していたキャリア(ドコモやソフトバンクなどの通信事業者のこと)からMNP(電話番号の移行)を行う場合は、別途3,240円の費用(※)を支払う必要があります。

従って、トータルでは乗り換え時に約10,000円の費用が発生します。

良心的なお店ですとちゃんと事前に説明してくれるのですが、トータルの金額は最後になって初めて分かるケースが多いのが、スマホ業界の販売方法に不信感が生まれる理由ですね。

(※)詳しくはあなたが現在契約しているキャリアでご確認下さい。

iPhone7をUQモバイルで購入する場合の月々の費用

おしゃべりプランS¥2,138
機種代金(iPhone7 32GB)¥2,808
マンスリー割-¥864
合計¥4,082

2ヶ月目以降は4,082円という良心的なプランになっています。

UQモバイルの場合、iPhone7の支払いは2年間(24ヶ月)で全て完了します。最近他のキャリアで出てきたような48ヶ月の分割支払いプランではないのでご安心下さい。

48ヶ月の分割プランは月々の支払額が一見少なく見えるのですが、実際には4年間も支払い続けることになりますので、仮に2,000円/月の支払い額としても、4年間で10万円近い金額を「スマホ本体だけで」支払うことになりますので要注意です。

さて上の表で示したのは、成人のあなたが一人で契約した場合の話で、実際にはもっと安くできるプランがあります。

ファミゼロ学割は中学生や高校生を持つ家庭には最強の割引プラン

既にお子様がスマホを持っているご家庭の方や、来春お子様が中学や高校に入学を控えているご家庭の方に朗報です。

家族でUQモバイルに乗り換えることによって、ご家庭のスマホ料金全体を大幅に節約することができるからです。

UQモバイルのファミゼロ学割は学生本人と家族の双方にメリットがあるキャンペーン

まず学生側(5歳以上18歳以下)の料金のメリットをお伝えします。

最大3ヶ月基本料金が無料

従って、プランSで契約した場合は、月々の基本料金となる2,138円が3ヶ月間無料となります(※)

さらに、学生が新中学生or新高校生の場合(生年月日が2003年4月2日から2004年4月1日までおよび2006年4月2日から2007年4月1日まで)は最大5ヶ月基本料金が無料となります。プランSの場合ですと、2,138円×5ヶ月=10,690円分得します。

2019年4月にお子さんが中学や高校に入学する予定であれば、乗り換えのタイミングとして最適ですね。

なお、「最大」3ヶ月という表記となっている理由は、UQモバイルに開通するタイミングが月初であれば、その月の割引を1ヶ月分丸々受けられますが、月の途中でUQモバイルに開通した場合ですと、日割で基本料金が計算されるため、1ヶ月分の割引とならないからです。

(※)iPhone7の支払いは無料になりませんので、本体の支払いは毎月発生します。



家族側も無料となるメリットがありますので、お得感が2倍3倍に感じます

家族側にも最大3ヶ月基本料金が無料の割引きを受けることができます。

例えば3人家族(父、母、娘(新高1))のケースを考えてみます。

家族全員がプランS(3GB/月)のプランで契約すると、ファミゼロ学割で得する金額は以下のとおりです。

父:2,138円/月×3ヶ月=6,414円

母:2,138円/月×3ヶ月=6,414円

娘:2,138円/月×5ヶ月=10,690円

合計:23,518円

ファミゼロ学割は、UQモバイルに支払う金額そのものが少なくなる訳ですので、キャッシュバックよりもお得感が強いですね。

さらにキャンペーン終了後も、UQ家族割の適用を受けられます

UQ家族割は「主回線以外」の回線が割り引かれるプランです。

上の例ですと主回線を父の回線とした場合、母と娘の基本料金からUQ家族割が適用されて、月々540円割引きの適用があります。

ですので、家族3人でUQモバイルに乗り換え、全員iPhone7(32GB)を新規に購入したとすると、UQ家族割適用時の金額は以下の通りです。

父:4,082円

母:4,082ー540=3,542円

娘:4,082ー540=3,542円

合計:11,166円

ファミゼロ学割が終了後も、家族3人分で通信料金を含めて1万円ちょっとで済むプランとなります。しかも、新品のiPhone7 3台が付いたお値段です。

実際にはファミゼロ学割の適用される期間もありますので、もっとお得感が出ますね。

詳しい情報はこちらからどうぞ(UQモバイルの公式ページ)

格安スマホならUQ mobile



UQ家族割の申込みはUQモバイル契約後別途手続きが必要

「ファミゼロ学割」の適用を受けるためには、「UQ家族割」の申込みが必要です。

名前が似通っていますので、紛らわしいですね。

「UQ家族割」というのは定常的にやっている家族割引の仕組みで、2回線目から540円割り引かれるサービスです。「ファミゼロ学割」は「UQ家族割」を申し込むことによって、「ファミゼロ学割」キャンペーン対象期間中のみ自動的に割引適用される仕組みとなっています。

注意が必要なのは、UQモバイルでは契約時に「UQ家族割」の申込みができない仕組みとなっていることです。

従って、上記の例のように父、母、娘の3回線を契約した場合、UQモバイル開通した後で、別途「UQ家族割」の申込みが必要になります。

UQ家族割の申込をファミゼロ学割期間中(2018年12月1日〜2019年5月31日)に申し込まないと、ファミゼロ学割の適用外となってしまいますので、十分に注意が必要です。

【要注意】UQ家族割の申し込み方法
家族でUQモバイルを契約した場合に、2回線目から500円/月割引が適用される「UQ家族割」というサービスがあります。 UQ家族割は、UQモバイル契約時には申し込むことができないので、UQモバイルの回線が使える様になった段階で、忘れずに...

実はUQモバイルでもっと安くiPhoneを入手する方法もあります

このページはiPhone7を中心に説明してきましたが、「iPhone6sでも十分!」という方には、もっと安い費用に抑えられます。

もちろん、ファミゼロ学割の適用を受けることもできます。

ですので、例えばスマホデビューの子供にはiPhone6sをUQモバイルで新調して、両親は今持っている他キャリアのiPhoneXをSIMカードだけUQモバイルに換えて契約するなんて方法も「アリ」ですね。

詳しくはiPhone用格安SIMなら【UQモバイル】からどうぞ

コメント