UQモバイル 新ポータルサイト「UQライフ」は要らないと思う

Android

UQモバイルから、「UQライフ」という新しいサービスが提供されました。

いわゆる、「ポータルサイト」のUQモバイル版アプリです。

「ポータルサイト」というのは、「Yahoo」のトップページを連想してもらえたら良いです。各種情報の入り口に相当するサイトですね。

スミマセンが、今回の記事ではUQモバイルを酷評しています。

UQモバイル公式サイトより転載

UQライフの機能について

UQライフの機能を下にまとめました。

  • 月々の利用状況の確認(UQモバイルポータルアプリへの移動)
  • 通信のターボモード(上の図では通常表示)と、節約モード(ライト表示)の切り替え
  • ニュース、天気、占い、乗換案内等の各種情報の提供
  • UQモバイルの各種情報やキャンペーン情報の提供

あと、UQライフの機能ではありませんが、開始記念キャンペーンとして、UQサイト経由で「ブッキング・ドットコム」を用いた予約を行うと、宿泊料金の5%分を翌々月のUQモバイルの料金から割り引く(最大1,000円)キャンペーンをしています(期間限定)。

それから、年賀状の宛名書きなんかで使う「筆王」が当たるキャンペーンもあるみたい。。確かにこれから年賀状のシーズンだけど、キャンペーンとしては、ショボすぎないかなあ。。役に立つソフトなのは分かるけど、「UQライフ」のリリースと「筆王」のプレゼントが自分の頭ではつながりません。取ってつけたようなプレゼントですね。

UQライフのニュースリリースを読んで私が感じたこと

直感的に、

「このアプリって必要?」

「UQモバイルは何のためにこのアプリを出したの?」

って、思いました。

このアプリをリリースすることに対する「UQモバイル側の目的」がさっぱり分かりません。

顧客獲得?ポータルサイトからの広告収入?

 

だって、ポータルアプリはヤフーで十分ですし、他にもたくさんのポータルサイトがありますよね。失礼ですが、後発のUQモバイルが、ヤフー以上のポータルサイトを作れるとは思えないですし。。

私には「UQライフ」を使い始める動機がわきません。

このアプリの機能面以外の魅力として考えられるのは、何かの割引が大きくなるとか、クーポンがもらえるといった金銭的なメリットでしょうか。ギリギリのコストで運営することを強いられる格安SIM事業者が、ユーザーに金銭的なメリットを訴求できる施策を展開してくれそうな気がしません。

キャンペーン期間限定の、ブッキング・ドットコムの割引では、全然魅力ないですよ。そもそも普通の人が、このキャンペーン期間中に何回宿泊するのか。。

 

あと、UQモバイルポータルアプリとの連携も必要ないです。単独で動いてくれれば十分ですから。

 

乗換案内なんかも、「Yahoo!乗換案内」の機能は、素晴らしいですし、googleを利用している方も多いでしょう。NAVITIMEもありますね。

百歩譲って、UQライフの乗換案内の機能が素晴らしかったとしても、完全に機能がかぶっています。今更使いなれたアプリから、UQライフに乗り換える動機はゼロです。



「UQライフ」のアプリ(サービス)は

「レッドオーシャン」ですよ>UQモバイルの皆さま(普通に考えりゃ分かるでしょ)

こんなアプリに、UQモバイルの優秀な人材やシステム開発のリソースを割くのは、メチャクチャもったいないです。

UQモバイルやMediba(メディーバ※)の上層部の方がこのサイトを見てくださっているのであれば、一刻も早くリリースを止めて下さい。今なら、大きな出血にならずに済みます。

 

最近は、iOS11のアップデートに伴って、アプリが遅くなるトラブルがたくさん発生しましたよね。iOS11にアップデートしたことによって、今だに起動の遅いアプリがあります。

「UQライフのサービスを開始する」ということは、これから先iOSのバージョンアップの度に、不具合がないかの検証が必要となります。アップルに振り回されるわけですよ。。

ですが、今後iOSのアップデートに準拠したアプリをいち早くリリースしたとしても、

「『UQライフ』がUQモバイルの魅力向上には全くつながらない」

と思います。

UQライフがあることによって、顧客獲得や、顧客のつなぎとめに役立つとはとても思えません。広告収入を狙うにしても、アプリのインストール数がそれなりにないと、事業としてやっていくのは苦しいでしょう。

改めて、関係者の皆さまにお尋ねしたいのですが、

「『UQライフ』をリリースするという手段が、目的になっていませんか?」

 

なんだか、UQライフのシステム開発、メンテナンス、顧客サポートをしなきゃいけいない方々が気の毒に思えてなりません。

だって(おそらく)報われないですから。汗水たらして開発したサービスなのに、「失敗した」という経験だけが残りそうです。

(現にAndroid版の方は、毎日のようにアップデートしてるみたいですし。。まだバグが取りきれてないんですね。システム開発者の皆さま、本当にお気の毒です。)

 

中途半端なアプリでは、UQモバイルの評判を落とすだけですよ。

そして、何よりも、UQモバイルやMedibaの開発者が徒労に終わるだけなのが可哀想。



ちょっと今日は辛口となってしまいました。「UQライフ」があまりにも無駄なアプリ(サービス)だと思いましたので、率直に書いたことをお許し下さい。

尚、UQライフの情報については、UQモバイルのサイトの「ニュースリリース」よりご覧頂けます。(2017年10月23日にリリースされています)

今日はこんな所で

※「UQライフ」は、UQモバイルとMediba(メディーバ)の2社合同で開発されたアプリのようです。失敗しそうな時に「合同」っていうのが、一番止めにくいんだよな。。

偉い人とか、皆の前で「やめましょう」って言うの、勇気いるもんね。

失敗の本質」に書かれているような末路にならないことをお祈りします。