auのiPhone6からの乗り換えで「スマトク割」や「イチキュッパ割」は適用されるか?

au

私の場合はauからの乗り換えですが、「スマトク割」も「イチキュッパ割」も適用される様子です。一瞬ドキッとしましたが一安心です。。

なぜ、突然こんな記事を投稿したのかと言いますと、先ほど私の購入した「BIGLOBE UQ mobileエントリーパッケージ」に書かれている料金プランの詳細を何気なく読み込んでいたところ、下のような記載があったからです。

「(前略)ただし、auおよびau系MVNOからのMNP転入時には『スマトク割』を適用しません(後略)」

「BIGLOBE UQ mobile 音声付きSIM専用エントリーパッケージ」より一部引用

エーーー、聞いてないよーーー

びっくりして私の契約内容について「my UQ mobile」のサイトにログインして確認しました。「ご契約の内容」の画面を確認すると、以下のような契約内容であることを改めて認識しました。



引用元:my UQ mobileのサイト

基本的な契約内容として、私は一番通信料金の少ない「おしゃべりプランS」を契約しています。この「おしゃべりプランS」の月額基本使用料は、何も割引がないと3,980円なんですね。改めて認識しました。

UQモバイルの広告では「いち・きゅ・ぱー」が強調された金額になってされていますが、1,980円という金額は下の表に示した割引サービスが適用された結果なんです。まあ、ご存知の方からすれば、「そんなの当たり前じゃん」ってことかも知れないですけど、私としては分かりにくいと思いましたので、少し整理してみます。



私が対象となっている割引サービスについては、さらに続けて「my UQ mobile」のサイトに記載されています。

引用元:my UQ mobileのサイト

基本使用料 3,980円 ー スマトク割 1,000円 ー イチキュッパ割 1,000円 = 1,980円(税抜)ということです。

尚、上の表の中段にあるデータ増量キャンペーンまで基本使用料から割引きされる訳ではありません。このキャンペーンは、おしゃべりプランSのデータ容量の1GBを超えてしまった時に、追加で行うことができる「データチャージ」の「増量」料金が1GB分は無料で付いてくるという意味です。データチャージの料金は500MBで500円ですので、1GBですと1000円です。(正確には1GB=1024MBなので、24MBはどこに行ってしまうのだろうという、エンジニアっぽい疑問は湧きますが誤差の範囲ということで無視しておきましょう(笑))

以上のことから、おしゃべりプランSは25ヶ月目までは、「実質的に」基本料金だけで、1GB+1GB=2GB使用できるということになります。

あと、冒頭に書いた「スマトク割」が適用されないのでは?という疑問についても、契約書面を読んでいくと謎が解けました

「(前略)なお、2017年2月28日以前にKDDI株式会社および沖縄セルラー電話株式会社(au)もしくはauの回線を利用したMVNOサービスからのMNP転入のお客さまは、スマトク割は適用されません。(後略)」

「『UQmobile通信サービスのご利用にあたって』2017年6月8日現在」より一部引用

なるほど。私の場合は契約が2017年8月なので、スマトク割の適用除外対象ではない(=スマトク割が適用される)ということになります。

めでたし、めでたし。

【2017年9月14日追記】
UQモバイルから初月度の請求書が届きました。チャンと「スマトク割」も「イチキュッパ割」も適用されていることが確認できました。一安心です。

UQモバイルからの請求書を公開します(初月度)

 

ちょっとした私の考察ですが、BIGLOBE UQ mobile エントリーパッケージは、「2017年2月現在」と印刷されています。一方で、2017年3月以降はauからMNPした場合のスマトク割が適用されるように改定されたので、エントリーパッケージの内容の修正が間に合っていない感じですかね。私にとっては安くなる方の改定なのでいいですけどね。

まあ、契約の際にはUQモバイルのサイトでチャンと月々の料金が確認できるような画面構成になっていますので、何も誤解するようなことはありませんでしたが、改めてエントリーパッケージや契約書面を読み直すと矛盾するところがあって「分かりにくいな」と思いました。

通信料金プランの分かりにくさは、通信キャリア全社に共通して言える課題の一つだと思いますが、今の日本では複雑な割引プランを組み合わせて一番安くなる料金プランを表示する商慣習ができちゃってるんだよなぁ。私個人の意見としては「分かりにくい」以外の何物でもない感じがします。というか、「何か通信キャリアに騙されてるのでは?」という感覚さえ持ってしまいます。こういう所こそ、もっと行政が介入して「消費者にとって分かりやすい通信料金提示方法のガイドライン」なんかを示してくれるといいですね。例えば、「一番大きな文字で表示する料金プランは、割引前のものを示さなければならない」とか。

auを解約した月の利用料金はピタットプランを使って5,980円でした

UQモバイル2ヶ月目以降の料金明細

私がおすすめするUQモバイルへのお得な乗り換え方法

【まとめ】UQモバイル乗り換えにかかった日数と考察